日本に生まれて良かったと思える誇りある国づくりに貢献したい。


by peacefulsports89
カレンダー

<   2012年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

行動基準

人はどう行動したらよいのか?

判断を誤らないためにはどうしたらいいのか?

日本人の偉人たちはなぜ戦場で的確な判断ができたのか?

 逆に、誤った判断をしてしまったリーダーはなぜそうなったのか?

天の声と私の声。

 「私利私欲」が混じった「自分優先」からくる判断は、誰かに害が及ぶ。

一方、

 「他者優先」からくる判断は自分以外のものが幸せになる。

 育ち、血からくるものも大きいと思うが、やはり大事なのは「教え」の部分だと信じたい。

西郷隆盛先生、吉田松陰先生、みなどこが優れていたか?

 「天との会話」

が常に判断を要する場面でなされているのではないか。

「自分の天命に生きる」

 きっとすべての人々に何か1つ与えられたその人にしかない「天性」がある。

その「天性」に気づくかは、「誰と出会うか」によって決まる。

 誰と出会うかは、「常日頃の自分の思い」で決まる。

毎朝、仏壇(祖先、家族に感謝)に手を合わせて「自分の思い」をピュアな状態にして一日を始めさせていただくことが大切だ。

 その出来事から天は何を教えてくれているか?

 





 
[PR]
by peacefulsports89 | 2012-01-31 08:04
現代人にダイレクトに響くメッセージを送り続ける作家。

喜多川 泰(聡明舎塾長&作家)さん。

 「なぜだろう??どの本でも、読み終えた後にはいつも目に涙が・・・。」

誰もが思う大切なことを、わかりやすく、誰もがイメージしやすいストーリーで展開されていく。

 「出会いの大切さを振り返りたい方必見!!」

 2月12日(日)ウインク愛知、13:45~16:15 喜多川泰講演会 

 なぜあのタイミングであの本に出会ったのか?

 なぜあの時、あの人に出会ったのか?

すべての答えは自分の人生の中にある。
[PR]
by peacefulsports89 | 2012-01-29 18:08 | 勇志の心

戦前と戦後の教育

昨日、ウガンダの話を津島のある小学校でさせていただいた。

 その際に、校内の壁にひときわ目立った歴史ある品がかけられていた。

 「これはいつ作られたものですか?」

 「これは明治22年からのものです。」

 「えっ?!100年以上も昔から・・・」

以前の私なら気にならなかったが、他にも「歴史ある物」があり、教頭先生に言って拝見させていただいた。

 そのなかに、戦前の学校の写真があった。

 みな髪の毛は丸刈りで裸足、背筋が伸びて、凛とした表情の子供たちが写っていた。そして、驚いたのは、「学校行事の質」である。

 国の英雄である乃木希典、東郷平八郎氏を祭る、乃木祭、東郷祭というのが当たり前のように小学校で行われていた。他にもあったと思うが時間のため読みきれなかった・・・。

 その時、ふと閃いた!!!

「歴史」という教科が独立してないのは日本だけかもしれない。戦後からは、歴史の代わりに、「社会科」という良き市民をつくるものに変わってしまった。

 「歴史」は良き国民をつくるために行われる。

この「国民意識」が戦後、欠落してしまったために、今多くの問題が起きているのではないだろうか。

 ウガンダにも「歴史」という教科があり、週4~5時間は行われていた。

それくらい、どの国でも「歴史」というものを小さいうちからしっかり教えているのである。

日本はどうだろうか??

 試験のための歴史、通史しか教えていない。

 そのため、国の歴史、日本人の本当の歴史に関してはあまり深くを知らない。

「本当の生きる力」は「誇り」をもったときに生まれるに違いない。

 マスコミや一部の歴史ではなく、世界にも目を開き、本当の日本の姿、自分の姿を大切にしていきたい。


オススメ著書:日本人としてこれだけは知っておきたいこと 中西輝政




 
[PR]
by peacefulsports89 | 2012-01-26 13:24

誇りをかけて

ダルビッシュのコメントから日本人としての誇りを感じた。

なぜ大リーグに行くのかという質問に対し、彼は2つの理由を述べた。

①「僕はすごく、勝負がしたい。アメリカ(の選手)も、打ってやるとか、絶対倒してやるという気持ちできて、初めて勝負が成り立つ。(日本では)それじゃなくなっているというのが、僕が野球をやる上で障害じゃないですけど、モチベーションを保つのが難しくなっていた。」

これは勝負師(戦士)としての言葉。

②「日本人の評価がアメリカでも低くなっている。日本の野球が下に見られているのはすごく嫌だった。世界中の誰もがNO1はダルビッシュだと言ってもらえる投手になりたい。」

これが国を代表する一人としての言葉。

 彼は、日本人選手が軽視されることに胸を痛め、現状を打破するために奮い立った。

野茂に始まり、新庄、イチロー、佐々木、松井、黒田、岩村、上原、井口など日本の一流プレーヤーが海を渡った。

 今年はさらに岩隈、青木も挑戦する。

しかし、以前とは違い、単年契約で給与は2人とも日本時代の4分の1、青木に関しては、入団テストを受けるはめになった。

 WBCでは世界一に2度なったものの現実は低評価。

 ダルビッシュは言う。

「僕はもともとメジャーには行きたくない。行くくらいなら野球をやめると言っていました。その時の気持ちというのは今でも変わっていない。」

 アスリートとしての挑戦欲と日本人としての誇り

きっと彼の日本への感謝の気持ちと負けじ魂に火がついたのだろう。

 感謝から湧き出る志は本物である。

海外に行けば、ダルビッシュとしてより、日本人として評価される部分が大きくなる。(ただ、本当に日本人としての誇りと言うならば、黒髪&短髪、ひげなしにはこだわってほしいが・・。)

日本国、日本人、日本野球の誇りをかけて、大きく羽ばたいて欲しい。

勇気、不屈の精神をありがとう。


一流選手の姿勢
http://www.youtube.com/watch?v=ONM-Vghbdkg&feature=related
e0118788_22365768.jpg

[PR]
by peacefulsports89 | 2012-01-25 19:45 | 勇志の心

本物に触れる

昨晩は、吉田麻子先生(カラーセラピスト)の名古屋志喜彩塾にて特別講師:須田達史先生(体幹チューニング)のお話を聞いてきた。

 率直に、「心」ではなく、「魂」に響いた。

「この世のものはすべて意識が生み出している。」

「人生は自分の意識で決まる。」

「意識が運命を決める」

この「意識」のしくみについてわかりやすく教えていただいた。

 そして、最も大事なのが「視座」。

自分をどこにおいているか?自分をどこから見ているか?

この高さが今の自分の意識を決め、現象(現実におこること)を決めるのだ。

 自分の人生でもこんなことがあった。

青年海外協力隊として、2年間で成し遂げたいことは、

「アフリカという地域で差別を越えたものをスポーツを通して感じてほしい。」

いうならば、立場、生い立ちで自分の限界を決めるのではなく、「やればできる」ということを現地の子供たちに体感させたかったのだ。

 そして、赴任して9ヶ月の2008年7月16日、アフリカ大陸をあげての一大イベントALL AFRICA UNIVERSITY GAMEの開会式でチャンスをいただいた。

 現地生徒、600名による演舞を行なった。

300名のソーラン節と300名の世界に一つだけの花(現地語バージョン)を手話で披露。

 賄賂が当たり前のウガンダでJICAを頼らずに、現地人との共同作業でできたのは本当に奇跡であった。

しかし、そこには溢れんばかりの「思い」があったため、自然と実現するための「人」と「場」が集まってきたのだ。

 「意図・意識」したことが現実となる。

まさに、須田さんの言うことが「実体験」として起こったのだ。

この世の「実体」は目に見えないところにあるという。

腹で納得できた時間であった。

ありがとうございます。


●体幹チューニング本部

http://www.core-tuning.com/
[PR]
by peacefulsports89 | 2012-01-22 15:19 | 勇志の心

あきらめない勇気

日本人のサッカー界のパイオニア。

その名も三浦和良。

彼は今もなお45歳にして現役だ。

 まさに人生を通して「Never give up」を実践している大先輩である。

こんな言葉を聞いたことがある。

 「能力の差ではなく、習慣の差」

習慣には2つのものがある。

①思考の習慣
②行動の習慣

やはり、大事なのは①で、「考え方」で道は切り拓かれていくのだと思う。

日本人の先輩の生き方に人生を豊かにするヒントを発見することができる。



「ブラジルの英雄カズ」
http://www.youtube.com/watch?v=_sKmyjAI_s0
「カズの挑戦」
http://www.youtube.com/watch?v=CiDqtF7PPos&feature=related
[PR]
by peacefulsports89 | 2012-01-19 21:43 | 勇志の心

映画から学ぶ

映画「山本五十六」。

日本には世界に誇る英雄が数多く存在する。

残念なのは、学校の歴史教科書にしっかりとした事実が記載されていないということ。

今回の映画から響いたことは、

「自分の目と耳と心で広く世界をみなさい。」

という言葉。

 現代は、TV・インターネットで簡単に様々な情報が入手できる時代。

便利になった反面、「知ったつもり」になってしまうことが多い。

簡単に手に入る情報は既に生きていない。やはり、いつでも自分の「実体験」にもとづいた生きた情報を信じ、五感を総動員して行動できるようにしたい。

 決して「世論(多数派)」に流されるような人間にはなってはならないと強く感じた。

いつでも歴史は少数派から始まっているのだ。

映画も新聞もすべての情報の発信源は「人」である。その「人」の意図をしっかりと見極め、取捨選択していかなければならない。

情報はその「人」次第でどうにでもなるのである。

 そして、人の上に立つ者は、常に広い視野で物事を考え、本質を見極める力が必要だ。なぜそれをするのかという「根拠」を示す必要がある。

山口多聞少将との信頼関係がしびれた。

日本男児の生き方、家族や上司部下の在り方が垣間見られた映画であった。

今後も深く勉強していきたい。
[PR]
by peacefulsports89 | 2012-01-15 20:21

日本人の勇気②

昨年8月、教え子に会いにウガンダに7日間滞在。

帰省の便で、ある方からこんな言葉をいただいた。

「武士道」

 そのある方とはウガンダの父と呼ばれ、約50年間ウガンダのために貢献し続けているヤマトシャツ経営者:柏田雄一氏である。

 協力隊員時代に知った伝説の話。

ウガンダは今でこそ東アフリカのなかで治安が良い国といわれているが、数十年前は紛争が絶えなかった。そんななか、柏田氏は現地人の雇用を生むため必死の思いで仕事に没頭していた。

 ある日、紛争が激化し、当時柏田さんの会社であるユージル社(現:フェニックス社)の従業員が行き場に終われ、逃げ込んできた。

 ジープでやってきた敵軍の大将が柏田氏に迫り、銃口を顔に突きつけ言った。

「奴ら(ブガンダ族)がここに逃げ込んだのはわかっている。かくまったらお前も殺すぞ!!」

 柏田氏は毅然とした態度で、

 「だめだ!!彼らはブガンダ族でも何族でもない、ユージル族だからこの抗争には関係ない!!帰れ!!」

 物凄い迫力で体を張った柏田氏の勇敢さに感激した大将は、銃を下ろした。そして、敬意を込めてこう言った。

 「ミスター、この紛争が終わったら、うちの娘をあなたのところで雇ってくれないか?」

 柏田氏は、「あなたの娘がうちの入社試験で合格したらね。」

と答えた。

 そして、柏田氏に1つだけ質問してみた。

 「国内にいる外国人が同じ状況にあったらきっと逃げ出しています。なぜ柏田さんはそのような心境にならなかったのですか??」

 すると私に語りかけるようにこうおっしゃった。

 「卑怯な真似はしたくなかったからだよ。」

もうひとつ、

 「私は物事を判断するときは、常に損得ではなく善悪で判断しているからだよ。」

と教えてくれた。(私は言葉がでなかった・・・これが日本人の本物の大和魂なのか・・・と感動した。)
 
 今もウガンダのために柏田氏は命懸けで闘っている。

そんな方からいただいた「武士道」という言葉。

「何を言うかではなく、誰が言うか」がすべてということを柏田氏から教えていただいた。

 これからも自分自身に問いかけていきたい。

 武士道に恥ない生き方をしているか?



柏田氏記事
http://www.smileyearth.co.jp/kashiwada.html
[PR]
by peacefulsports89 | 2012-01-13 07:47

日本人の勇気①

先日、大東亜戦争で殉死された兄を持つ、著:兄の眠る国を書かれた山口先生にお会いした。

そこで現地の人から聞いた一言が心に残ったので紹介させていただきたい。

日本軍兵士の勇気に胸打たれたPNG人は、「あなたのあの時の勇敢な行動を私たちは忘れられません。あなたのような人がいるということは、日本人全体のプライドとして残ることです。」と絶賛されたという。

他にも、壮絶な最期を遂げた方々に海外の軍人から数々の証言が残されている。

「虎頭の日本兵は天下最強の守兵であった。」 by ソ連軍参謀長

「われわれは最後の一兵、最後の一弾となるまで戦え、としばしば言うけれども、日本兵こそは、これを真に実行し得る唯一の兵士である。」 by 英国スリム元師

 日本人の民族精神の核として受けた継がれてきた武士道精神。

「武士とは、死ぬことと見つけたり。」

 GHQの侵略を受ける前の日本は、

いかに死ぬか(人生の終わりをどう迎えるか)という日本人独特の死生観を持っていた。

 それに比べ、戦後はどうだろうか?

いかに生きるか(人生をどう長生きするか)が重視されている。

 制限の中から覚悟は生まれ、覚悟の中に執念が生まれる。

現代のような豊かな社会で、「本当の生きる力」はどのようにして育まれるのか??

〇軍人勅諭の聖訓五ヶ条

一、軍人は忠節を尽くすを本文とすべし。
一、軍人は礼儀を正しくすべし
一、軍人は武勇を尊ぶべし
一、軍人は信義を重んずべし
一、軍人は質素を旨とすべし

この聖訓五箇条が、日本軍将兵をして他国の将兵とは比較にならぬほど烈々たる士魂をもった真正の軍人たらしめたのである。

軍隊=軍国主義ではない。当たり前のことだが、国の安全がなければ、国民の安全などあるはずがない。

学校教育では、「教育勅語」が日本国民の生き方として模範とされた。

 世界が賞賛する日本人精神を大切にしたい。

意識してはいないかもしれないが、現代の日本人にも確かに受け継がれている。

窮地に立った時に本質が現れる。


復興支援自衛隊~惻隠の情~
http://www.youtube.com/watch?v=4c0uRsit9co&feature=related
危険を顧みず
http://www.youtube.com/watch?v=foYYoDY4nHg
[PR]
by peacefulsports89 | 2012-01-12 22:31

世界が認める日本人

FIFA女子最優秀選手と女子最優秀監督に初めて日本人が選ばれた。

昨年の優勝後の澤選手の言葉は、日本人の生き方、考え方を明確に示していた。

「我々のしていることは、ただサッカーをするだけではないことを、意識してきた。
我々が勝つことにより、何かを失った人、誰かを失った人、怪我をした人、傷ついた人、彼らの気持ちが一瞬でも楽になってくれたら、私達は真に特別な事を成し遂げた事になる。
こんな辛い時期だからこそ、みんなに少しでも元気や喜びを与える事が出来たら、それこそが我々の成功となる。
日本は困難に立ち向かい、多くの人々の生活は困窮している。
我々は、それ自体を変えることは出来ないものの、日本は今復興を頑張っているのだから、そんな日本の代表として、復興を決して諦めない気持ちをプレイで見せたかった。
今日、我々にとってはまさに夢のようで有り、我々の国が我々と一緒に喜んでくれるとしたら幸いです」

きっと佐々木監督も同じ思いでやられていたに違いない。

世界は日本人の何を賞賛しているのか?

それは「公を自分のことのように思い、自分を公に尽くす心」ではないだろうか。

 戦後は、「個」を尊重しすぎるあまり、孤立・孤独死、無縁社会ということばが横行し、絆や日本の心がズタズタにされてきた。

しかし、昨年の漢字「絆」からもわかるように、戦後の教育が間違いだったと全否定された。

 震災後は、「公」への「個」の貢献により、満たされていく時代となる。「共同体への貢献の過程で個性を磨く」

今回、日本女子サッカーが見せた、本当の「絆」は、目に見えるものではなく、目に見えないものでつながっていた日本の心によってもたらされたものが大きいだろう。

今、世界が「日本人の民族性」を必要としている。

日本男性:大和魂、日本女性:大和撫子の復興へ


なでしこJAPAN感動の瞬間~あきらめない心~
http://www.youtube.com/watch?v=UEBoMBAO8Ow&feature=related
両氏の魂震えるコメント
http://www.youtube.com/watch?v=VdcPe_jpsmk
大きな背中~夢をあきらめないで~
http://www.youtube.com/watch?v=Xk8hf2_xOtw&feature=related
[PR]
by peacefulsports89 | 2012-01-11 07:40