日本に生まれて良かったと思える誇りある国づくりに貢献したい。


by peacefulsports89
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

みんなの声

今日で帰国プログラム全日程が終了。今晩が最後のホテルライフ。

 昨夜、お世話になった方々にTELをした。(公衆電話から~。)

 2年ぶりの電話での再会にみなテンション高っ!!

 でも最高っ!!

 本当に電話越しのみんなの声にかなりの力をもらいました。ありがとう~!

 「帰る場所がある」って大事なんですね。

 中でもウガンダで共に活動をさせてもらった河地氏。日本でも相変わらずバリバリ働く彼は、なかなか電話に出ない(笑)しかし~めげずに3日間かけ続け、3日越しに聞けた師の声にかなり興奮!!!

 ウガンダでは涙ながらに夢を朝から語り、週に1回、活動をよりよくするために話し合った仲。心の底からの本音トークしかしたことがない。最高に気持ち良い関係。

 話の聴き方が上手く、自分の良さを自然に引き出してくれる。

 そんな師と出会えたこと、今日のタイミングで連絡がとれたこと、『すべてにはタイミングがあり、意味がある』のだと最近“感じられる”ようになった。

 これは自分の中での大きな変化である。

 時の流れを感じる心の余裕。

 大事ですよね~!!

 何はともあれ、みんなの声が聞けて本当に元気になりました!!安心したというか、みんな温かいなって!会いたい人がいるって幸せなことですね。

 明日愛知に帰省した際には、家族に2年間のありがとうと土産話をしたい!!
[PR]
by peacefulsports89 | 2009-09-30 18:54 | ウガンダ

最高のなかま

今日は本当に本当に嬉しかったことがあったのでみなさんに紹介させていただきます!

 22時~2人の後輩が仕事を終え、わざわざかけつけてくれた。終電まで2時間ほど。彼・彼女と「居酒屋を夢を語る場所にする!」で有名な某居酒屋に行ったときのことである。

 まだ私が協力隊員としてウガンダでの活動時に、2人の後輩は学生ながらも‘何か自分たちができることはありますか?’の精神を持って、はるばる日本から手伝いにきてくれた。

今日はその時以来3人で会う、久しぶりの再会。

場所も‘夢が語れる場所=居酒屋てっぺん’。この某居酒屋は愚痴を言わない、マイナスの言葉を使わない、などプラスの空間・チームをつくることを目標にしている。

そんな中、ゾノさんの「熱い話を聞きたいです!聞かせてください!」と真剣に言ってくれる後輩たち。ウガンダでの2年間のこと、これからのこと、お互いが抱いた思いを言い合った!

数分後いきなり・・・・・・

(照明が消えた)。停電か???

よく耳を澄ますと、‘お祝い’のBGMが流れてくる!

(定員さんがケーキを運ぶ)

それがなんと自分の目の前へ。

ケーキ+ありがとう‘がこもったメッセージカード

さらに後輩2人が「ゾノさん、2年間ご苦労様でした。いつも姿から勇気、力・刺激をいただいています。いつもゾノさんの一生懸命な姿を見て、自分もできる!もっと頑張ろう!と幾度となく感じさせていただきました。元気がほしいとき、自信がほしいとき、いつもゾノさんを思い出していました。本当にありがとうございます。」と言ってくれた。

メッセージカードには、ありがとうの気持ちがこもった文章が記入されていた。

2人の後輩のおかげで‘相手から見た自分という存在、自分が人に与えられるものや影響力’などについて考えることができた。

自分の良さを変えずに、改善すべきところは改善する。

『人は生き方に大きく影響される。』

だからそれぞれが目的をもって、‘今自分が求めるもの’に向かって、それぞれの場所へ集まっていくのだなと。結局、‘誰といるか’で人生の結果は大きく左右されると感じる。

今日この瞬間、この出逢いを通して刺激し合える仲間を持つことができたこと、一生付き合っていくだろう仲間とこのタイミングで共に時間を過ごせたこと、

未来の同志とつながっていく日々。

日本に帰ってきて、そう感じること、感じられる瞬間・出逢いが多くなった。

最後に2人の後輩へ、

‘今日は素敵な一日をありがとう!こうやってまた語れる日を楽しみにしてる。これからもよろしくね!’
[PR]
by peacefulsports89 | 2009-09-29 02:45 | ウガンダ

後任へ送る

いよいよ素晴らしい2年間が始まりますね。

きっと日本から離れた遠い異国の地で、今まで味わったことのない数々の経験(喜び、悲しみ、苦しみ、感動、出逢い)が待っていることと思います。

私が今2年の活動を終えて言えることは、‘今いる自分の環境に関係なく、どんなときも、どんなところでも、主体変容で生きれば、得られるものが多くなる’ということです。

主体変容とは、‘自分を変えること’です。よくご存知のことかと思いますが、人生はうまくいかないことが多々あります。自分の信念を強く持てば持つほど他人と衝突することが出てきます。しかし、それは悪いことなのでしょうか?

私はそうは思いません。

衝突したら、自分を見つめなおし、相手の話を聞き、意見をぶつけ合い(キャッチボール)、以前よりもよりよく改善していけばいいのです。そうすることによって実は自分自身が一番磨かれ、自然と人間力が高まっていくのだと思います。

人間力とは‘受け皿、相手を受け入れられる器の大きさ(心の余裕)’なのかもしれません。

人間力が高い人は本当に魅力的です(女性男性問わず)。

この世に生まれ天から生を授かったわたしたち。
人生は‘二度なし’です。一度きりの人生、精一杯生きて幸せになりたいですよね。幸せになるためにはどうしたらいいのか?

幸せを感じられる‘感性・人間性’を持つことだと思います。

2人の2年間が今後の人生にどう影響してくるのか?正直分かりません。(私もそうでした・・・・。)

しかし、今胸を張っていえることがあります。

それは『やりきった人にだけ、神様は次のステージを用意してくれる』ということです。

大切なのは、夢(想い)の大小ではなく、

自分が決めたこと、挑戦したいことに向けて

継続し続ける、ということです。

私は思います。

失敗とは「何かができないこと」ではなく『あきらめること』だと。

なぜなら‘うまくいかないことは諦めなければすべてが今後の糧になる’からです。

今うまくいかなくてもこれからできるようになればいいのです。(ちなみに私は今でもできないことだらけです・・・。今はできないけど、これからできるようにしていく、諦めない!!もし自分がたくさんのできない経験からできるようなれば多くの人を理解し、受け入れられることができる!そんな気持ちで25年間生きてきました。

そのおかげで『人より多く転んで失敗し、人より多く改善するための体験を積み、ちょっとずつ進歩すること(成長)』ができています。

「できなかったことができるようになったとき」、

それを経験したとき、もしくはその瞬間に関われたとき、私は最高の喜びを感じます。

やはり、お互い生きたからには退化ではなく、成長していきたいですよね。

ぜひとも最高の2年間にしてください。

日本から応援しています☆

以下は私が2年間大切にしてきた言葉です。(参考程度に・・。)

 『Never underestimate the power of a small group that is determined, it can change the world.』

『Quality of life is not by chance, but it’s the choice.』

『Continuation is the key to success.』

『A vision without an action is just a dream. An action with vision can change the world.』

『I believe in human potential』

‘想い’を持って行動すれば、その時にふさわしい言葉に出会います。

私が実践を通して学んだ言葉を最後に並べてみました。

☆最高の瞬間を☆

 期待してま~す!
[PR]
by peacefulsports89 | 2009-09-28 07:13 | アフリカベースボール

国を発つときに1度、帰国した証として1度、九段にある某神社に今朝行ってきました。

 あの頃(2年前)よりも日本人としての自覚、誇りを感じることができた。

 国を興すために闘った人々の思いを引き継ぎ、

 よりよい世の中にしていかなければならない。

 なぜ日本はここまで急速に発展することができたのか??

 信号を守ることができる

 列をつくって走行できる(交通マナー)

 一定の車間を維持できる

 丁寧な言葉遣い

 『道徳的な当たり前』が高い日本。

 それこそが日本であり、日本民族が今後も変えてはならないものの1つであると思う。

 行儀作法、礼儀作法

 大切にしたいものである。
[PR]
by peacefulsports89 | 2009-09-27 10:33 | アフリカベースボール

ありがとうUGANDA

ついにきたこの日。ウガンダ2年間の集大成がここにある。

 朝から全校の子どもたちが歌や踊りを用意してくれ、ちょっぴりここを去ることを実感。

 昼からの「野球部ありがとう会」には35名の方々が遠方や近辺の学校から集まってくれた。

 2年間の活動をまとめたDVD、グラウンドでのデモンストレーション、賞状授与+一人一人への手紙&一言メッセージ、ありがとうカード&花束の贈呈(子どもから両親へ)。

 内容盛りだくさん、一つ一つのプログラムに2年間の「思い」がつまっていて、参加者の中には涙を流す人たちもいた!校長、クラス教師、生徒会、なども大きな影響を受けていた。

 今日のために来てくださった日本人ボランティア、JICA調整員&JICA所長、活動を支えてくれたウガンダの同僚、影響を受けた子どもたちや両親。

 すべての人たちに「2年間のありがとう」が伝えられたこと。最高の笑顔と最高の言葉「ありがとう」が何度も行き交った。

 1 不平・不満を言う人間でなく、感謝・ありがとうを伝えられる人   間を育てたい。
 2 言い訳をせず、あきらめない人間を育てたい

そして、これらのことを口先だけではなく毎日「自らの姿」で示してきた2年間の日々。

 会の最後には、「3年後までにウガンダに日本の教え子と帰ってきます!その時までお互い夢に向かって生きていきましょう!成長したみなさんに会えることを楽しみにしています。」と宣言。

 決して無駄でなかったこの時間。

 最終日前日に届いた師からの言葉。

 「今この一瞬を大切に生きる心を持ち続けてください。やりきった人 にだけ神様は次の山を用意してくれます!!だから人生はおもしろい のです。日本があなたを待っています!2年間本当にお疲れ様で   す。」

 今日本に帰ってやりたいことで心が満ちている。こういう状態で帰れることはやはり、大切なことを教えてくれた師の教えと姿、真剣に挑戦し続けたウガンダ野球部の子どもたちがあったからだと思う。

 心からありがとう。

 みなさん日本で待っていてください!再会を楽しみにしています!!

 2年間ありがとうございました。

 そしてこれからもよろしくお願いします!
[PR]
by peacefulsports89 | 2009-09-23 15:23 | ウガンダ

最高の涙

今日は1年間お世話になった小学校の送別会・・ありがとう会☆同僚が伝統衣装のカンズを買ってくれ、それを着ての出席だった。

 発起人は体育のカウンターパート2名。2人が「どうしてもMr.AKIHIROのためにやりたいんだ!」と率先して声をあげてくれたようだ。

 会の進行中思わず涙が流れた。

 何かを伝えたい!笑顔でウガンダを発ってほしい!生徒の真剣な踊りや歌から感じることができた。「ここまで来るのに俺のためにかなりの時間を使ってくれたんやな。本当にありがとう!」そう何度も心の中でつぶやいた。

 子供たちの純粋な思い、同僚の目に見えない思い、今日までの努力がしぐさや言葉、表情から感じることができた。

 
 さらに何と・・・・子供たち一人ひとりが私のところへやってきて「ありがとうの手紙」を渡してくれた。その数45枚。

 みなそれぞれ数ヶ月前あげたクレヨンをつかい、色とりどりに各自のアイディアと思いが表紙につまっているのが分かった。

 人を喜ばせるために本気になる。わずか10歳の子供たち・・・・。涙 その影にはウガンダで最高のパートナーといえるCPの教えがあったのだろう。

 会の最中に先生方が言ってくれたこと、「あなたから大事なことを3つ教えてもらった。」

 「1、タイムマネジメント 2、清潔 3、チームワーク」

 最後のスピーチでは、「みな人生は一度きりです。いつ死ぬかわかない。何事にもあきらめないこと。みなが授業中や大会で見せてくれた心構えを忘れないでほしい!挑戦すれば必ず困難に出会う、困難の先にこそ光がある。また会いましょう!」

 締めはギターで「涙そうそう」、「アメイジンググレイス」を熱唱!!

 最高の感動をありがとう。またウガンダに帰ってくる理由が1つ増えた。20日はもっともっと感動しちゃいます。

 最後の最後まで熱く熱くいきます!!
[PR]
by peacefulsports89 | 2009-09-19 02:22 | ウガンダ

エミーからの手紙

エミーからの手紙

RE: Apologies and appreciation letter

Dear coach
I’m Waisuwa Emmy who was once a member of Ndejje high school baseball club. And have just written this letter to apologies for taking long time without communication to you.
I really appreciate for the good education you had given me because I was given a post of dormitory captain because I used to tell members to be clean, pick up rubbish, tell young members to wash their bodies and lay their beds. I had that Kiwanuka Eclous is the Head boy because of your education is doing that. I had an aim to teach them through baseball but the small is small. I wanted to say bye bye coach. I’ll continue as member of good fellow who can challenge to be attractive human beings in the future.
I thank you for your work, coach.

by Waisuwa Emmy


内容は要約すると
「コーチ、昨学期に転校してから長い間連絡をとらなくてすいません。僕はコーチの与えてくれた‘良い教育(生活習慣、ゴミ拾い、掃除、清潔など)’のおかげで、ドミトリー(寮)長の役職につくことができました。さらにエクロウス(旧チームメイト)が学校の生徒会長になれたのもあなたがしている教育のおかげだと思います。僕は野球を通して学んだ事を他の生徒に伝えていくのが目標でもあります。コーチがウガンダを去る前にどうしてもありがとうを伝えたかったです。これからも良きチームメイトの1人として魅力的な人間になるために挑戦していきます。 by エミー」
 嬉しかった。
 まさかの1通の手紙に胸が熱くなった。
3ヶ月前に授業料が払えなくて学校を去ったエミー(野球部を立ち上げ当時からのメンバー)。こうやって‘現状報告+感謝をしっかりと伝えられる’までに成長してくれたこと。そして、今リーダーとして新たに挑戦していること。彼からの手紙は今までやってきたことの自信となった。
 9月20日のありがとう会には学校を去ってもチームの状況を気にしてくれる2名の旧メンバー(エミー、マヤンバラ)も来ることになっている。今までお世話になった現地の方々、選手の両親や兄弟姉妹、配属先スタッフ、JICA関係者、NGO団体を招いての会である。最高に感動して、2年間分のうれし涙を流す!そんな時間にしたいと思います。
 すべてのことには意味がある。
 感謝☆
[PR]
by peacefulsports89 | 2009-09-08 19:12 | アフリカベースボール

動くとは?

最近の気づき!人の行動に視点をあてて。 

人は感情で動く。感情の湧き方は物事の捉え方・考え方によって決まる。「~したい!~やりたい!」「~したくない。」それが行動となることが多い。行動は感情(どう感じたか)の影響を大きくうける。そのため大事なことは感情が起こったときに一呼吸おいて、それが『道理』にあっているかどうかを確認することである。その作業が終わって初めて言葉や形に表すことができる。

 その感情が「憎悪やいらだち」から来たものである場合、その気持ちを人に対して容易に言葉に発するべきではない。
 一方、その感情が「喜び」「感謝」から来たものである場合、積極的に言葉や形に表すべきだと思う。なぜならお互いが幸せになれるからである。

 人が起こす『行動』のキーである『感情』をいかに発生させるかがポイントなのではないか。そのために物事の捉え方・考え方を磨いていく必要がある。(読書、実践、一流に触れるなど)考え方が一流であれば行動もそれにふさわしいものになるのではないか。

 まずは主体変容!!自分自身の考え方を高めることである。
 
[PR]
by peacefulsports89 | 2009-09-05 17:51 | ウガンダ