日本に生まれて良かったと思える誇りある国づくりに貢献したい。


by peacefulsports89
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

変化する世

変化する心

毎日毎日心は変化する。

同じ人と話しても必ず違うことを話す。

昨日300円だったプライスが400円になったり、200円になったりする。

昨日晴れだったのが急に雨になったりする。

これって人間とよく似てると思うな。

 その中で大事なことは信念を持って生きること。

時には時代や人に身を任せたいときもあるが、今は己を知るためにもっともっと訓練が必要。

 行き詰った時ふと考えたいこと。

目標は何なのか?到達点はどこなのか?どうやって人を喜ばせたいか?

人と感動を共有したとき何よりも気持ちのいい快感が得られる。そこに生きがいがあると感じる。

そのためには『努力と忍耐』がキーワード!
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-04-29 03:39 | ウガンダ

初遠征9人の挑戦


 4月26日、創部1ヶ月そこそこのチームが大会に参加できることになった。野球道具を使った練習は3週間ほど。常に言い続けてきたことは、「俺達はチームなんだ!」ということ。
1 時間を守る 2 場を清める 3 礼儀を正す 4道具を揃える 5 感謝の心を持つことをチーム目標に掲げ練習に取り組んできた。一人が守れなければ全員で責任を取る。連帯責任を徹底している。1人ではゲームができない。9人いて始めて成立するのである。さらにサブプレーヤーのサポートや応援してくれる人々もチームには欠かせない。
朝5時半に任地を離れ、10時半に会場に無事到着。すぐに着替えさせ練習をしようと思ったその時、あるチームがンデジェのためにユニホーム(ソフト用?)6枚ほどを提供してくれた。願ってもない出来事。選手は初めてのユニホームを嬉しそうに着ていた。
16時まで友人のチームの選手が丁寧に指導をしてくれ彼らから多くを学ぶことが出来た。その後試合。ルールやポジション、アウトの取り方、カウントの仕方、カバーリング、中継プレイとわからないことだらけ。今回の大会の目的は“積極的な態度・行動を示すこと”スキルではない!と選手に何度も伝えた。初回は緊張している様子で自信のないプレイが続いた。スコアは8-0。
先頭バッターはチーム1思い切りのいいアイザック。初試合でバットにボールを当てることができた。バットを思いっきりふったその姿に拍手をした。回は進み、徐々に慣れてきた様子。「カキーン!!」一人の選手がクリーンな初ヒットをセンターへ!!感動した。スコアは18-0でコールド負け。しかし、随所にいいプレイが見られた。そこには拍手。試合中ルールを守れなかったモノがいたため、腕立て50回、20mダッシュ50本を試合後に課した。
今回の大会には自分のお金をはじめ、校長も協力してくれている。応援してくれる人のためにも怠惰なプレイには容赦しない。それがチームルール。野球を通して“チームスピリッツ”を学んで欲しい。
「One for all, all for one.」
今日新たにこのスローガンを設定した。ウガンダ1のチーム、ウガンダ1の人間を育てたい!!大会は29日まで続く!!
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-04-29 03:23 | アフリカベースボール

成長のとき

明日から大会が始まる。野球部員16名のうち9名をナイル川の近くの遠く離れた町へ連れて行く。子供にとっては人生初の遠征。監督としてしっかり指揮を取りたいと思う。

 年齢は中学2、3年。ここの子供はよく笑う。昨日の朝6時から部員とグラウンドを掘った!さすが農業の国ともあってみんな手馴れていた。俺はひたすら石拾い・・・。朝ご飯が7時ということもあって子供のためにあるものを用意した。

 “ドーナッツ20個”

お金にしたら150円ほど。さすがに朝食を抜きにさせるわけにはいかない。道具を使ったら磨いてキレイにして返すようにした。

 日本にいるときアフリカの人はみんなモノがなくて可愛そう。そんな人のために寄付をしたいと思っていた。が、ここに来てみるとそれは飛んだ勘違いであることに気付く。理由は2点ある。

 1点目は先進国からの過度の支援で心が貧しくなっていること。外国人を見たらすぐにモノに目がいく。お金に目がいく。時々手を差し出してくる。このように誰かが『助けてくれる』という思いが強すぎる。これでは国の発展は見込めない。

自立しなければお金は稼げない。

2点目はモノの管理ができないということ。ほんとうに汚い。「ゴミは拾う」ではなく、「ゴミは捨てる」のがここの文化である。日々の習慣がこの行動につながっている。だから海外から来るモノの支援もすぐにダメにしてしまい、感謝の心さえも持っていない。これではお互いにハッピーにはなれない。

そこで2年間の活動でやることは、
 ①自立した人間を育てること 
 ②感謝の心を育むこと
この2点である。

 毎日勤勉にモノを磨き、そして一番大切な心を磨きたい。
                                        2008年 4月25日
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-04-29 03:21 | アフリカベースボール

チーム

 今日12人が朝のゴミ拾いに遅刻した。

 土曜で学校は休みではあるが、これはチームとしてはあってはならない姿。1人のみ6時半ちょうどに来ることができた。まずみんなの前で彼を褒めた。

 あとの部員も1ヶ月前と比べると急激に成長している。1年後がすごく楽しみなチーム。しかし、約束は約束。心を鬼にしてあるメニューを用意した。

 アップが終わったタイミングを見計らって、「今日ほとんどの部員が遅刻したよな?これはチーム責任としてみんなでとらなければならない。20Mダッシュ100本、腕立て100回!」

 心の中ではどんな反応をするのと思ったが、男との約束と感じたようで素直に1列に並んだ。そこからいままでに経験したことのない自分との戦いが始まった。

 その時雨が・・・。次第に強くなり、無言で俺の方を見て何かを訴える生徒もいたが続けた。生徒に言ったからには自分も大雨の中じっと彼らの目をみつめた。

 ごまかそうとする生徒もいたが何とか全員終えることができた。

 ドミトリーで「もう野球を止めたい?」と聞いたところ

 「いえ!やりたいです!」と答えた生徒がほとんどだった。

 何を伝えたかったのかをしっかり伝え、渇を入れた!まだまだ身体が弱い。心も弱い。相手に勝つためにはまずは自分に勝たなくてはならない。

 今後の彼らに期待したい!

 
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-04-20 00:13 | アフリカベースボール

ハブ

世の中には核となる人=ハブが必ずいる。
 今回オールアフリカゲームに関わることでそのことを肌で感じることができている。会長の人間性に惚れ協力を決めたこのイベント。彼女の周りには同じように人情ある部下がついていることが分かった。

 昨日、各校の挨拶訪問を彼女の部下とまわり、終えることができた。移動が非常に困難でトータル5時間ほどかかった。しかし、積極的に協力してくれた彼の姿勢がすごくありがたく思えた。
 そして、今日の午前中に会長含め4人で具体的な話し合いをすることができた。今まで事がスムーズに進まなかったのは、会長と直接話し合っていたためであった。彼女はとにかく忙しい。今回イベントのプログラムを担当している方を紹介してもらい今後はその方と決めていくことになる。3人のウガンダ人に「SORAN」の映像と「世界に一つだけの花」の曲を披露した。
“That’s great!!”と、とても満足している様子であった。JICAや現地の日本人が運営している会社の社長とも今後話をしていくことなる。今回気付けたこと。
 
 『一つの事柄は色んな方々の協力があってこそ成り立つ。そして一人の行動が色んな方々の思いを呼び起こし、成功に向けて一人ひとりのアイディアを生かし共に進んでいく。その思いが重なり、伝わったとき事は成功し、その喜びは倍になるということ。』

 12月には新たなビッグイベントにもオファーがかかっている。
 奢らず、決して満足せず、高い目標をもって今後も活動に励んでいきたい!
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-04-17 18:35 | ウガンダ

小さな優しさ

最近嬉しいことがあった。

 今学期指導した中学2年の女子生徒たちが「マスター!何が欲しい?ジュースとアボガド買ってあげるよ!」
 
 「いいよ。俺のことはいいからみんなで食べなよ。」

 「マスターにあげたいの。だから食べて!」と。気づくと15人ぐらいに囲まれていた。

 子供達から「日本のダンスを教えてくれてありがとう」と言われたときは続けてきて良かったと心の底からここまでついてきてくれた子供達に感謝した。

 今はイベントに向けて毎晩9時半~10時まで高校3年生に教えている。

 ねらいはこの踊りをこの学校の伝統にし、上から下へと伝えていくこと。生徒が自分の学校を胸を張って誇れるようにするために特徴をつけたいと思った。

 少しづつ浸透しつつある。

 6月12日は日本の大使を招いてそこで100人ソーランを演じる。本番は7月16日。

 『一体感』

 このキーワードに気づき、心の成長を期待する。

 
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-04-17 01:40 | ウガンダ

小さな成長

今日もいつもどおり朝6時半から野球部員とゴミ拾いをし、その後日誌のコメントを書いて部屋に帰ろうとしたときいつもとは違う光景が前方に?!

 「え~!!!!!」な、なんと・・・・新しくできた3階立ての教室のベランダでS2(中学2年)の女子生徒8人が「YOSAKOI SORAN」を踊っているではないか?!面白くて、その無邪気な子供達の発想に感動した。踊り終えると違うクラスの生徒からも拍手喝采!!彼らにたいして自然と礼をする自分がいた。

 2月11日~今日まで授業(40分)のメインとしてこの踊りを教えてきた。S1(80)名、S2(80名)計160名以上のウガンダの子供達が日本の「よさこいソーラン」を踊ることができるのである。これはもの凄いこと。彼ら彼女らが今後リーダーとなって上へ下へと伝えていけば、これがこの学校の伝統となり、いつかはウガンダ全土に日本の文化を伝えることができる。目的はこれを通して、『チームスピリッツ』や『自信』を身につけること。集団行動が苦手なここの子供達には適切な教材だと思い採用させていただいた。明日が最後の授業。ここにきて子供達のこの“予想外のもてなし”には正直驚いた。40分の授業を活かすため、限りある時間を有効に使うために『時間を守る』ということを徹底してきた。ないものを取り入れるということは大変なことである。しかし、将来必ず必要なことだと思い、まずは自分が先頭になって示し、かつ生徒にも厳しく指導してきた。80人が理解しているとはわからないが、口ではなく“態度で示す”という目標を達成した彼女達に心の中で努力賞を与えたい。

 4月12日(土)に「YOSAKOI SORAN」大会を学校で開くことにした。校長や他教員への告知、日本人ゲストの依頼と準備は完了。当日はトーナメント方式にして優勝チームには「チーム写真と一言メッセージ」を添えてプレゼントしたい。これは一生の宝物になるに違いない。6月12日には新校舎のオープニングセレモニーがある。それには、日本の大使もご出席されると言う。7月16日には大学生オリンピック閉会式。それぞれのイベントで「日本のダンス」が演舞される。しかも他国の子供達によって。
 この踊りの創始者に感謝である。踊りだけでなく精神を徹底して教えていきたいと思う。このように『特別な場』が運よく用意されている。成長するために場は必要である。子供達の人間としての成長が目に浮かぶようである。

 人生は物語。
 ドラマチックな人生を自ら創造し生きていきたい。
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-04-14 17:54 | ウガンダ

運命

 今回3回目の訪問で日本から3名の方がウガンダにやってきた。その中には野球人であれば誰もが知る、あの甲子園春夏優勝の偉業を陰で支えた北海道の某高校のコーチの姿も。今回で会うのは2回目。この貴重なチャンスを活かすために、色んなアドバイスをいただこうと思い、夜一緒に食事をした。こんな話を聞いたことがある。
 ものを買うとき色んな店の中から自分の好みに合わせて買う場所を選んでいる。“人は3回買うと信頼する”という法則があるという。これを置き換えると“人は3回話をすると信頼する”といえるのではないか。今回幸いにも2回お話をするチャンスがあった。最初は自分の活動や思いなどはあまり話せず・・・。しかし、計3回目となる話し合いでは「よく来てくれたね~ほかちゃん!」と歓迎してくれた。これには感激した。
 『困難なことが起きるとわくわくする』
 『人生のビジョンをもちなさい。5年後は何してる?』
 『世の中は人とのつながりで出来ている。頭を下げてでも人に頼る謙虚な姿勢でいることが大切。』
 こういったことを教えていただいた。すごく意味のある、有意義な時間を過ごすことができた。この日、活動のDVDを見ていただき、自分と言う人間を紹介することができた。今後の活動も日本に送ってほしいと言っていただいた。すごくありがたいことである。
 今新ためて思うこと。野球がつなげてくれた世界。13年間目標を持ってやってきた成果が今ここにある。土台があるから運が人との縁をつなげてくれ、こういった出会いにつながっているのかもしれない。世の中は目に見えない力で動いている部分が大きいと思う。小さなことを大切に日々人間性を磨いていきたい。
 今からではあるが帰国後がすごく楽しみになってきた!!感動の物語がこの先に待っている!!
 “私たちは時代の開拓者である”
 “自分で決めた道を、自分の手で切り拓く”
 
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-04-14 17:47 | アフリカベースボール

新たな挑戦!

ある方から言われた。

 『自分で決めた道を自分で切り拓く』と。

すごく力強く、やってやろうという気持ちになった!!人生を決めるのは挑戦する気概と諦めない心だと思う。

 ゴミ拾いを続けてきたが、何のために??と聞かれたら説明できるだろうか。「拾わない人に対して、何でお前は拾わないんだというのは間違っている。」自分が気持ちいいからやる。それが習慣になれば、自分と同じレベルの人間に会えるから。

 人生をよりよく楽しむために当たり前のことを気持ちを入れてやっていく。その繰り返しで人は成長すると思う。

 同じレベルの相手に勝とうと思ったら、同じ土俵で闘っても差はつかない。スキルではないところであったり、他の分野の力を伸ばすのが賢明ある。今のチームは1ヶ月そこそこ。もちろん技術はない。

 1ヵ月後友人の計らいで、ウガンダの全国野球大会に出場が決まった。1ヶ月そこそこのチームが出来ることといえば・・・・。

 姿勢や気合でどこのチームにも負けたくない!!

1道具を揃える
2礼を正す
3全力プレイ

 この3つを徹底していく。才能はなかなか感じるものがある。1年後は期待できる。今は地道に土台作りである。

 4月26日~29日が大会、5月1日~18日まで強化合宿。

 熱い夏になりそうだ!!
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-04-05 01:31 | ウガンダ