日本に生まれて良かったと思える誇りある国づくりに貢献したい。


by peacefulsports89
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

小さなことを大切に

5日前から野球部を始めた。始めの課題は毎朝6時半からゴミ拾いをすること。時々ではなくどんな状況でも毎日行うこと。
  
 前日、清掃委員会の告知をしたときは誰一人として来なかった。正直心が痛んだ。しかし、今回は野球部員。誰か来るだろうと思っていたが時間になっても誰もこない・・・・。またか・・・。と諦めそうになったとこに。キャプテンに指名した最上級生のポーが現れた!!!「ありがとう~!!ポール」たった一人だったが、すごく嬉しかった。心強かった。0からでは何も始まらないが、1からならできるとその時確信した。中庭のゴミを全て拾い彼に聞いてみた。

「なんで来たんだ?俺の考えに共感したの?」すると彼は言った。「マスター、時間を守る、僕もジェントルマンになりたい。」同期の方の活動ビデオを前日に見せていた。その中の言葉が響いたのかもしれない。彼の活動に感謝である。

 そして2日目も彼と2人。3日目3人増え、4日目は4人。プラスの効果が少しずつ広がっている気がした。5日目始めてロードワークに連れて行き30分身体を動かした。次の日の朝何人来るかと期待した。
 なんと予想を上回る11人が集まった。部員は17人。5日前を思うと嘘のようである。
「俺達から学校を変えていこう。やればできる!俺達はリーダーなんだ。これから毎朝続けていこう。」と彼らに思いを伝えた。少しずつではあるが成長している。

 “感謝”の一言である。

 それとともに一日に何回ありがとうと言えるかカウントすることにした。初日は50回。目標は一日100回。小さなことに目をむけ、ありがとうの気持ちをもって人に接していきたい☆

 今日は3人の訪問者。先輩方が活動を見に来てくれた。授業中、子供達が今まで見たこともないような動きをしていて驚かされた。彼らはできる。最後に日本語で“ありがとう”を伝えた。生徒も同僚も幸せそうな顔をしていた。俺も嬉しかった。

 『やってみせ、させてみせ、褒める』今後もこのスタイルでやっていきたい!
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-02-29 22:39 | ウガンダ

プラスの考え方

人って不思議で、今まで仲良かったのに、一つの行為で嫌いになったり、嫌いだった人が急に好きになったりする。

 数日前、この国の「シェアリング」の意味がいまいちのみこまなくて良くない態度を取ってしまった。借りたらすぐ返すのがマナーだと思う俺は、なかなか返さない彼らに疑問を持った。

 また他の日、委員会会議を開こうと、生徒に伝えたが全く伝わっていなく誰も集まらなかった。3日間心が苦しく、「どうやったらうまく伝えられるのか」と考えた。

 色んな方法を試してみたがことごとくだめ。しかし、Never give up!!

 そこで、教頭に組織のことを聞いてみた。するとこの学校はうまく縦のラインが出来ていることが判明した。先生もしっかり授業をしている。日本人隊員の仲間の話を聞くとかなりいいほうらしい。ありがたい。教頭は「来週月曜日生徒のリーダーをみんな集めるからそこで話したらそうだ?」と言ってくれた。すごく道に光が差し込んだ気がした。

 その夜、今日の目標の一つだった「冗談を言う」を実行し、バカな話をしたり、色んな会話を楽しみすごく良い時間をすごした。いつも遊びに行くと必ずもてなしてくれる。ティーと芋類、夕食まで作ってくれた。これがここウガンダの「シェアリング」の文化である。

 昔の日本に似ているのかもしれない。これからは、一人で突っ走りすぎずに、周りをヘルプしながら活動を進めていきたいと思う。しかし、一日本人として、口で言うだけでなく自らが行動し示していきたい。「ティーチング」のスキルをここで磨いていきたい。

 今週の日曜から野球部とソーランの指導を始めます。

 周りの人々のおかげで、目標が少しずつ達成に向けて歩き出しています。

☆いつもありがとう☆
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-02-22 17:08 | ウガンダ
 初レッスン、初語り全校集会、初語り教員会議。
いよいよ2008年1学期がスタートした。去年は言葉が話せず、理解できずもどかしい日々を送っていたが、今年は違う!とことん挑戦します!まだまだ下手くそな英語ではありますが、まず大切なのは『思い・意志』を伝えること。ルガンダ語を混ぜ、笑いをとりながら語った。内容は学校環境の改善について。具体的には以下の3項目。

 ・クリーニング活動を強化しよう(cleaning and flower委員会)
 ・クラブ活動の創設(Football, Netball, Volleyball)+野球部
 ・よさこいソーランの告知(ALL AFRICA UNIVERSITY GAMESへ向けて)

 これからが本腰入れた取り組みになります。宣言したからには達成します。
 何かを始めようとするとき、必ず何らかの障害や問題がでてきます。今回もインフォメーションボードに張った紙が破られていたり、落書きされていたりと・・・。これらの行為は生徒の心や学校の状況を表しています。彼らの心の背後に何があるのかはわかりません。しかし、貧しい行為は自分自身の心を貧しくします。だから何があってもリーダーとして『正しいこと』を示していきたいと思う。
 ここで私が日本人として伝えられることは、礼儀、徳のある行動だと思う。日本発祥の柔道や剣道などのスポーツは「武道」の精神がある。日本人は“礼儀、礼節”を重んじる世界で数少ない人種のように感じる。それをここアフリカでも行動と言葉で示してく。
普段の生活、授業、部活動、どんな時でもこれは必要になってくるのではないか。

1 時を守り
2 場を清め
3 礼を正す
  
 人として当たり前のことを当たり前に出来る人間でありたい。そしてそんな集団にしていきたい!一歩引いて相手を受け入れた上での意見・提案をして協力を得る。自分には約束したことを徹底していく。
全てのことは人生の一部。野球だってそう。それがすべてではない。
すべての根本は『人間として成長すること』そのために色んな手段を使って心を磨いていく。体育、野球、掃除、挨拶、音楽などそれぞれの良さを活かして、色んな角度からアプローチしていきたい。
 プラスの言葉を唱えよう!「俺はできる。絶対成功する。」
日々是精進、一期一会
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-02-15 22:15 | ウガンダ