日本に生まれて良かったと思える誇りある国づくりに貢献したい。


by peacefulsports89
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

到達点

この活動はどこに向かっているのか?

 一日考えたが一つに定まらなかった。やりたいことが頭にありすぎてまだ優先順位がついてないのかもしれない。こういうときこそ一つ一つやっていくことが大切なのだろう。

 年間目標を決めて月間におとしていく。もう少し大きく考えた方がいいのかな。細かく決めようとしすぎてるのかな。違う視点から考えるために、他の人からヒントをいただきたい。

 とにかく責任感に追われて仕事が義務にならないようにしたい。

「楽しいこと。ワクワクすること」を常に考えて、ユーモアを大切にしていきたい。自分が、子供達が、同僚が、外に視点を向けることで何か答えが見つかるかもしれない。

“試行錯誤”

 柔軟な考えができるようになりたい。

直球とスローカーブ+スライダーを取得したい。
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-01-30 16:14 | ウガンダ

縁と心構え

昨日買い物の帰り首都を一人で歩いていた。するとどこからか

「すいません。」

と声がしたような気がした。まさか!ここはウガンダ!こんなに上手い日本語を話せる人なんていないだろう。すると、

「あなた日本人ですか?」

後ろを振り向くとウガンダ人の中年男性が立っていた。

え~!!なんで日本語はなせるんだ?!お返しに俺も現地語で話しかけた。

すると後はお互いハッピートーク。現地語で話せばお互いが幸せな気分になれることを改めて実感した。

彼は4年間日本で仕事をしていたという。電話も日本語で会話が出来るくらい。是も何かの“縁”なのだろう。来週会って話をする。信頼できる現地の友達を少しづつ増やしていきたいと思う。

 「オールアフリカゲーム」(大学生オリンピック)この企画に対して夢がすごく膨らんできた。先輩の案をいただきながら子供達を活かしたい。今後会議などにも参加することになった。忙しくはなるが、よりよい大会にするために貢献していきたい。ここで出会ったウガンダ人、JOCVの先輩方などなど。

“縁”とは不思議なものである。

すべてはその人の人生に対する姿勢で決まる気がする。

いつでも『木を見て森を見る』スタイルで今後も活動していきたい。
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-01-28 01:09 | ウガンダ

ともだち

ここにきて“友達”としてのふるまいに考えさせられたことがある。

 つい最近、首都へ向かう早朝のこと。いつもどおり家を出た。朝早くから働く子供達に一言言って。その時、思っても見ない言葉が返ってきた。

「なんで昨日の夜首都へあがると一言言ってくれなかったんだ?明博が行くことを知らなかった。安全な旅を。」

 すごく悲しい顔をして言われた。小さいことだけど彼らにとっては知っておきたいことだったのかもしれない。「Safe jarney」と言うために。

 心遣いに感動した。いつも彼は雨が降ると洗濯物を閉まってくれる。自分が出かけていて、よく忘れていることがある・・・。18歳の自分より年下の少年。頭が下がる思いである。

 昨日は「日本映画際のオープニングでまたソーラン節を躍らせてもらった。」またまた大好評!!リーダーがこれからはもっとウガンダのオリジナルに変えていきたいと。意識の高さにまたまた感激した。

 ここに来て本当に先輩や友人がチャンスの場を与えてくれる。そして積極的に受入れ、挑戦する。ありがたいことである。

“人とのつながり”

是があってこその世の中ではないか。
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-01-26 19:44 | ウガンダ

子供達

今は長期休み中。にもかかわらず子供達は朝6時に起きて学校のために仕事をしている。

 ある生徒は校長先生の車洗い
 ある生徒は朝食作り
 ある生徒は動物の飼育

などなど、役割分担がしっかりされていて感心した。これはウガンダ人の“助け合い”の精神が出ていてすごく良いところだと思った。

 彼らは文句の一つも言わずに、それらの作業を楽しんでいる。そして、どんなときでも会話がいき交っている。時にけんかしているように聞こえるときもあるが、すぐ笑顔になる。お互いちょっかいを出したりしているのだろう。本当に愛らしい。

 最近校長の子供に異変が・・・。

 いつもいたずらをしたりうるさいパトリックがおとなしい。何だかなついているような感じが。昨日は「あきひろあげる」とピーナッツをくれた。夜ご飯を食べていないと同情してくれたのだろうか・・。すでに食べ終わった後だったが・・。その後何度ももってきてくれた。4回くらい。

「もうお腹いっぱいだよ、パト。ありがとう」

と言ってピーナッツを口にほうばった。

 配属先に来て3ヶ月が経つ。ここの人たちや会話にも慣れてきた。ある生徒と“ウガンダの政治”について話した。久しぶりに会話にのめりこんだ。ある生徒は「誕生日はいつ?お祝いしないとね。」と言ってくれた。すごく満たされた。

 心なしか空がいつもより穏やかに見えた。
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-01-21 20:08 | ウガンダ

誰にでも可能性はある

「本当の孤独は山の上にあるのではなく、町の中にあるんだよ。」

 ある先輩が言った。この意味がわかりますか?

 山の上に上ったら一人であることが孤独のように感じるのかもしれませんが実はそうではありません。なぜなら彼は山の上まで自力で登ったから。一方、町は人で溢れています。孤独ではないように思えますが、まわりは知らない人ばかり。その中に“いじめ”にあって一人ぽつり。どんなにたくさん人がいても心の孤独は消えないままです。

 こんな経験を大学の頃したことがあります。彼も同じく中学校の頃経験したそうです。

 彼は学校であったことを全て親に伝えたそうです。その時母親は彼にこう言いました。

「あんたが変わりなさい。今日から家の手伝いを1つしなさい。その時“俺は変われる、俺はできる”と唱えながら。」

 こんな母親いますか?普通なら学校にクレームかそのいじめた子供を許さないと思います。

 彼はその時意味をよく理解できなかったけど「寝る前に玄関を綺麗にすること」を毎日続けたそうです。その後学校でいじめに関わった友達に挨拶をすると、1人2人と挨拶を返してくれるようになったそうです。“何かが変わった!”こういった行動は、一見無駄なように思えますが、実は「自分を変える」一番の近道だと思います。

 この時、彼は教員になろうと決意したそうです。同じように苦しむ子供を生まないために。感動しました。彼は今ここウガンダでみんなのリーダーとしてなくてはならない存在です。

 子供達はいろんな問題を抱えています。社会や大人に対して、仲間に対して。日々もがいているのかもしれません。そんな彼らに“感動”を体験してほしい。一人ではなく何か一つの事に仲間と協力して成し遂げてほしい。一人では生きていけないってことを。みんながいるから生きていけるってことを。

“人生は感動で変わる”と思います。

「スポーツ」から世界を一つに。

 最高のステージで、仲間達と最高のパフォーマンスを☆

ここウガンダで実現します。

 このチャンスをくれた方々、すべての人に感謝します。
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-01-18 00:45 | ウガンダ

スポーツがもつ可能性

“スポーツから一体感”
“スポーツから結束を”

最近この理念が非常にしっくりくるようになった。ここアフリカ大陸で7月に大学のオールアフリカ大会が開催される。2年に1度の大会でホスト国は毎年変わる。昨年は16カ国もの国が出場したという。そのビッグイベントの開会式と閉会式の依頼をあるつながりから頼まれた。

 このありがたい話を聞いたとき、2つのことが頭に浮かんだ。日本の文化を彼らに紹介したい。昨年盛りあがった「ソーラン節」と「世界に一つだけの花」を使えないかと。これらをウガンダの子供達に披露してほしい。最高のステージを彼らに踏んでほしいと心から思った。そこで思いを発信してみた。

 OPENINGで「ソーラン節」をうちの生徒(30人~50人)が踊り、CLOSINGで先輩にお願いし他学校も巻き込み「世界に一つだけの花」を手話で障害児の子供達(50人~60人)が披露する。俺は思う。感動は独り占めするのではなく、みんなで共有すると喜びは倍になるもの。だからこそ『みんなで一つの素晴らしいものをつくりたい』と感じた。
 
 スポーツから人種や国を超え、一つになれるイベント。言葉がなくてもわかりあえるものがスポーツにはあると思う。貧困や戦争、テロなど今世界には様々な問題がある。そのなかで色んな人が“平和”を目指し日々生活している。自分自身が一番好きなもの、成長させてくれたもので貢献できたら何よりもの幸せである。

 スポーツからつながる世界

2008年自分の中で大切な何かが見えそうな気がする。
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-01-14 20:04

最高のステージ

今年の目標

・体育教材の作成
・学校訓づくり
・整理整頓
・体育委員会の運営、リーダー育成
・クラブ活動で人間教育
・他隊員から学ぶ、訪問&招待
・オールアフリカンゲームのオープニング&クロージングの協力
「よさこいソーラン節」「世界に一つだけの花」を披露
・競技会の開催
・応援団の設置
・野球部創設、大会へ出場。他校から学ぶ
・CBSイベントへの出場
・カウンターパートの育成
・ワークショップ&授業公開
・講演会の依頼(日本から?!)

 一つ一つ書き出して計画表に落としていきたい。

 今年のテーマは『人の良さを活かす』こと

夢の実現のために、他と協力してよりよいものを目指していきた!

今年もよろしくお願いします☆
[PR]
by peacefulsports89 | 2008-01-10 23:22 | ウガンダ