日本に生まれて良かったと思える誇りある国づくりに貢献したい。


by peacefulsports89
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

みなさん!どんなクリスマスを過ごしましたか?ウガンダでは、

 ・・・思いっきり泳ぎました!外のプールで!気温はMaybe30度。首都カンパラにはプールやカジノ、ゴルフ場など娯楽施設が整っています。意外でしょ??

 24~26日はクリスマスデイといって休みになります。普段人ごみで慌ただしい町もこの日ばかりは静か。みんなチキンを買って焼いて食べています。

 配属先の学校にはターキーが歩いています。気持ち悪いです。鶏は日本と変わりないですが、解体を彼ら自身で行います。手先が器用で早い早い!!
 
 大晦日の予定は決まりましたか??

僕は隊員30人でソーラン節を踊ります!!めちゃ熱いフィナーレになりそう!!2007年の幕はパッション全開☆
[PR]
by peacefulsports89 | 2007-12-27 22:20 | ウガンダ

挑戦し続ける

『心』

「形」

あなたならどっちを選びますか??

 髪を伸ばす、髭を伸ばす、ピアスをする、スカートを短くする・・・・。

 ルールを守る、心を磨く。

 人は死ぬとき何を持っていけますか??

お金ですか?容姿ですか?学歴や肩書きですか?そんなもの持っていけないですよね。

 持っていけるものは“魂”のみ。

だから、ここを磨くことに人生の時間を使いたい。最高に充実するやろな。

 昨日、先輩に会いに任地を離れた。野球隊員として1年前にここに来た方。彼のチームの生徒達はすごくいい挨拶ができる。彼に聞いてみた。

 何を意識して指導していますか?

答えは、『いい習慣を身につけさせること。心を磨くこと』である。

 第一印象で可能性が広がる。

・最高の挨拶
・最高のおじぎ
・整理整頓能力

何事にも真剣に取り組む心である。これが、多くの人の心を動かし、とんでもないことを実現することができる。真剣さ、本気になることは必須である。

 夢を持って自分の人生に挑戦し続けたい。
[PR]
by peacefulsports89 | 2007-12-22 02:22 | ウガンダ

人のつながり

『思いが大きく飛躍するとき』

それは、人脈がつながったとき。

JOCVの先輩→大学→スポーツチューター→コーディネイター→ウガンダ中の大学へ

正直こんなにも話が広がるとは・・。

野球をウガンダ全土で広げられる可能性が出てきた。タイミングよく来週からInter university gamesが始まる。2年に1度のイベント!

ウガンダ全土の16校の大学が勢ぞろいする。当初の任務は体育の普及であったが、学校隊員は1年に休みが4ヶ月もあるため時間の使い方に悩んでいた。

そこに、この話が舞い込んできた。週末の土日や休日を使って巡回指導、地域での特別講座を開くことができる。上が育てば自然と下も育つはずである。だから、このチャンスを活かしたいと思う!!

 この縁には運命を感じる。体育大学出身として、同じスポーツを広める同志として、彼らと共に協力しよりよいものにしていきたい。

 この2月までの休みをフル稼働して来年の活動につなげていきたい!!
[PR]
by peacefulsports89 | 2007-12-13 20:51 | ウガンダ

小さなことを大切に

ウガンダで10kmマラソン走りました~!しかも本気で。タイムは45分。よく分からないけど参加者6000~8000人中400位だった。侍スピリッツは発揮できたんじゃないかな。でもウガンダ人は俺を見て「チャイナ!」と連呼していた。来年は日本の鉢巻をつけて参加しようと決意した!

 最近、変わったことがある。

ここに来た当初は、買い物と言えば全て外国人プライス。現地人の3倍くらいで売ってくる。度重なる欺きに口論したこともあった。なんなんだこいつらはと・・。でも生活して行くうちに、お金がある人がない人より多く払うのは当然のようにも思えてきた。小さいことは気にせずに、毎日やることを決めた。

1 最高の挨拶を自ら投げかけること
2 ありがとうの気持ちを持って生活すること

この2つ。これを毎日続けることによって少しづつ何かが変わってきた。

・校長の奥さんが元気に挨拶を返してくれるようになったこと。
・買い物へ行った時、現地語で話したら、おばちゃんがいつもよりサー ビスしてくいれたこと。
・願ってもないパーティーに招かれたこと。

小さなことではあるが、素直に嬉しかった。どこへ行っても『人としての基本』が大事だと実感した。人間である限り生まれ持つ感覚は近いものがある。それをここに来て、学んでるような気がする。

 ここには、モノがないけど、家族の絆やコミュニティの強いつながりがある。今日本人が必要としているものがここにはある。これを何らかの形(DVD)で日本に伝えていきたいと思う!!お楽しみに!!

PS そろそろ日本はクリスマスソングが流れている頃ですか??雪は降っていますか?
 
[PR]
by peacefulsports89 | 2007-12-12 21:18 | ウガンダ

ありがとう

感謝の気持ちが、出逢いを生み、さらなる出会いを呼んだ。

 ウガンダで唯一の会社を持つ、大社長に会うことができた。この方は仕事で世界中を経験している方。アメリカ、ヨーロッパ、アジア、そしてアフリカ。

 日本にいる頃から、一度お話をしてみたいと思っていた。その思いが、今日実現したのである。誠実な姿勢、情熱というものの大切さを改めて実感した。

どこの土地にも『文化、慣習、風俗』というものがある。自分の価値観をむき出しにして、それを否定するのは間違っている。どうすべきか?それを、まずrespectすることである。そして、彼らが知らない新たな方法を実証していく。

 人間である限り“感覚”というものは、似ている。

色が黒いからとか、言葉が違うからとかそんなものは関係ない。誰だって綺麗な食べ物と汚い食べ物どっちを取るかといったら、前者をとる。綺麗な服と汚い服どっちを選ぶかというと、必ず前者を選ぶ。

 教育のヒントはここにある。人を動かすヒントはここにあるのである。

 『良い習慣』を身につけること、そしてそれを毎日続けること。徹底することである。最高の挨拶、正しい身なり、整理整頓、第一印象と基本を大切にする。それがすべて“出逢い”につながり、自分の可能性をも広げてくれるのだと思う。

 すべてのことに“感謝”ありがとうの気持ちを!

今のあなたの人格にふさわしい人が現れるでしょう。Nice day!!

これをこの方から学ぶことができた。
[PR]
by peacefulsports89 | 2007-12-10 21:04 | ウガンダ

やればできる

ここに来て毎日言い続けてきた。そして行動してきたこと。それは『ゴミを拾う、掃除をすること』である。

教師や生徒たちは共感はするものの動かない。どうしたら動くのか考えたりもしたけど、自分がとにかく毎日行動で示そうと決めた。

 口だけでは人は動かない。体罰だけでは人は動かない。動いても一時的で長くは続かない。もしかしたら彼らは綺麗な環境というものを知らないのかもしれない。

トップである人間(教師)が示さなければ組織は変わらない。それは会社でもなんでも同じことである。ここウガンダでも同じではないか。

 楽を選ぶか困難な道を選ぶかは自由である。

しかし、結果は目に見えている。努力しなければ才能は開花しないのである。どんな一流の選手でも人一倍の練習量を積んでいる。

 イチロー、松井、カズ、中田・・・彼らは多くの困難を乗り越えてきたのである。決して楽な道ではなかったのだろう。彼らは努力の先にある『感動』を知っていたのだろう。

 上原に限っては大学生のとき花開いている。今では日本を代表する選手の一人である。才能はいつ開花するのかわからないもの。だからこそ、真剣に毎日振舞うことである。

 才能を磨くため、人間を磨くには心を磨くしかない。

人にありがとうと思わせるような人間、応援されるような人間になりたいものである。その中の一つの方法に“掃除”がある。

 誰だって綺麗な場所を見たら嬉しい。綺麗な場所には“ありがとう空間”が生まれるのである。毎日そんな気持ちでいられたら、ハッピーである!だからやろう!

 最後の日、一人の男が動いた。教頭先生である。大掃除をプログラムの一つに組み込んで組み込んでくれた。そして、全校生徒で実行した。1回だけでなく、毎日続けていくことを来年は徹底していきたい。見ている人は見ているものだな~。

最後に「Nice work!」と彼と握手を交わした。正直感動した。

 もどかしい時もあったりしたけど、ここまで続けてきたことがこの結果になったのだと思う。ハードワークの中、動いてくれた彼に感謝したい!『いいことはいずれ広まっていく』

この先にある感動を求めて来期も継続していきたい。

来期の目標
・教師の競技会の開催(スポーツの普及、理解促進)
・野球を通した人間教育(日本の文化紹介)
・運動会の開催(町全体を巻き込んで感動を共有する)
・掃除の継続

ボール0、道具なしの状態なので今後呼びかけていきたい。

『思いがあれば実現する』

PS 今頃日本は冬ですか~??こっちはまだ暑いです。というか一年中熱いです(笑)ウガンダ人並みの色になりそうです。まあこれもなじんできた証拠! GOOD DAY!!
[PR]
by peacefulsports89 | 2007-12-04 21:17 | ウガンダ

思いが重なるとき

11.29で今年の勤務が終わり、休みに入ります。2ヶ月の長期休暇。1年で4ヶ月の休みがあるので、ここの使い方が活動の成果につながると感じています。

 今年の目標はグラウンド作りと、大掃除。学校の床やグラウンドはゴミが散らばっている・・。ウガンダ人は繊細な感覚がないせいか、その状態をよしとしている。これは問題である。自分がよければ汚してもいいというのは間違っている。

 当たり前のことが当たり前にできる人間でなくてはならない。

自分から挨拶をする、ゴミを拾う、ゴミを捨てない、使った場所は使った前より綺麗にする、ありがとうと言える。モノを大切にする。すべて日常に起こる小さなことである。

 しかし、この小さなことにこそ意識を向けなくてはならない。そこに本物の人間の姿が出ると思う。

 本物の人間は、周りの人を気持ちよくする。最高の挨拶、最高の気配り、最高のふるまい。見ている人をも幸せにする。人の気分を悪くするような態度はとってはならない。

ゴミを拾うことによって自分の汚れた心を、綺麗にしてくれる。ありがとうの一言が、その人を幸せにする。その行為をして良かったと感じられる。人の話を聞く姿勢が、話し手をよりよい気分にさせる。

これらは全て、『自分の出会いを広げ、可能性を広げる』ことにつながるのである。

 学歴や、ネームというものは一時的なもの。表面的なもの。

大切なのは正しいことを毎日続けることである。悪いことは悪いと判断ができることである。

そのために、一流の考えを学び、一流の習慣を身につけること。好奇心と行動力を大切に自分の武器を磨いていきたい。ここウガンダでも同じことである。

PS 主食はイモ、とにかく炭水化物のオンパレード。最近アイリッシュポテトとスイートポテトの作り方を学んだ。隣の生徒が教えてくれる。これもまた勉強である。ありがとう!!
[PR]
by peacefulsports89 | 2007-12-04 20:37 | ウガンダ