日本に生まれて良かったと思える誇りある国づくりに貢献したい。


by peacefulsports89
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

懐かしさ

無邪気さ
 昨日、友人を訪れた際に家の前に小さな学校があるのに気づき行ってみた。

 そこには、年齢5歳くらいから12歳くらいまでの子供がいた。ちょうどいい機会だったので一緒に‘日本の遊び’を楽しんだ。終始笑顔だった彼ら、彼女らの姿をみて「昔の日本もこんな感じだったのかな・・・。」と思いを馳せた。

 お金がなくても幸せそうに生きている。
 世界には、モノや家、お金があるにも関わらず自殺をしてしまう人たちがいる。
 この違いは何なのか?
 
 ここに来て気づいたことの一つの中に、「物質文明が発展しすぎると精神が衰える」ということがある。ものがない頃はきっと「神への信仰心や見えない力を信じること」ができたに違いない。

そのため、人が見ていなくても「良き行いをすれば報われる」、「悪いことしたらばちが当たる」という発想をもつことができ、日々自分の行動を自然に改めることができた。

 しかし、時代が変わり、いきすぎてしまった今の世の中はどうであろうか??

 見える力しか信じない人々。地道なことよりも派手な事を好む人々。困難なことより楽なことにはしる人々。自分のことしか考えない人々。‘おかげさまです’の助け合いの精神はどこへいってしまったのか?

最近よく‘志’という言葉を考える。

『自分の夢の達成がそのまま周りの人々の幸せにつながる』ということ。

すべての人は「こうしたい、こんな人生にしたい。」といった‘思い’をもっているに違いない。しかし、某社会はすでに人々のもつ基準が世界トップレベルなのである。そのフィールドで闘い、生きていかなければならない。数々の荒波は当たり前だろうし、すごく大変なこともたくさんあるだろう。

だからこそ思うことがある。

それは‘元気な人から学ぶ’ということ。素直な気持ちをもって学ばせてもらうという姿勢。人生輝いている人に聴くという姿勢。これが本来のあるべき縦の関係、横の関係であると感じる。ここウガンダには成功者と呼べる人、人生の行き方モデルになる人は非常に少ない現状にある。学びたくてもお金を要求されるのである。

それに比べ、某国はどうであろうか?

いくらでもチャンスは転がっている。ただ情報が散乱しているため、何を選ぶかが難しいかもしれない。そこで必要になってくるのが、「‘正しい判断力’を高めるために自分を磨く」という作業。

『自分が人間的に魅力的であれば、人を見る目も肥えてくる。』のではないか。

まずはそこからがスタートなのだ。

こんな思いをもって今日も一日やていきます!!
[PR]
by peacefulsports89 | 2009-01-22 17:15 | ウガンダ