日本に生まれて良かったと思える誇りある国づくりに貢献したい。


by peacefulsports89
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

その瞬間が勝負。

スクーリング第二回終了!!

子供たちを前にすると、使命感が湧き出てくる。

 最後のHRで飛べなくなったノミの話、

「本来ノミは、驚くほど高く飛ぶ力をもっている。しかし、ツボの中にしばらく入れてふたをとっても、以前のように飛ばなくなる。なぜか?幾度の失敗(ふたにぶつかる体験)により、もう飛べない・・・と思っているからだ。」

(生徒、目を丸くして聞いている。)

「でも、あることをするとまた高く飛べるようになる。わかるかな?それは、高く飛べるノミをつぼの中に入れて、高く飛ぶところを見せればいい。それによって、また自分が高く飛べることを思い出すことができる。みなさんも、ここで出会った仲間を大切にし、これから自分の道へ進むときに、共に汗をかく友と同時に、既に成し遂げている人に出会うことが大切だ。君たちの人生が輝くことを願っています!以上!」

1年で会えるのは、5日間のみ。

だから常に全精力を出し切っていける状態にしておきたい。

 学びを深めていきたい。
[PR]
# by peacefulsports89 | 2012-06-30 07:37 | 勇志の心

世界から見る日本


大阪・京都で15分のプレゼンと、師、同志たちとの出会い。

 日本の今の実態、世界情勢。

世界が近くなったことによって、利点もあるが国内ではかなりマイ​ナスに・・・

【スパイ防止策】という法律がないのは、世界で日本だけのようだ​。

 治安が悪くなる、

 情報が荒らされる

国を守るため、真のリーダーを輩出しなければならない。

一刻も早く!!
[PR]
# by peacefulsports89 | 2012-06-03 18:14 | 日本人の誇り

古き良きもの


天草市での講演会でのこと。

大切なことに気づかせてもらった。一人のチベット人に!

その名も「ペマ・ギャルポ」さん。

会場の日本人パネリストの誰よりも日本人について理解され、日本​のことを大切に思っていることが伝わってきた。

書籍「ワンチュク国王から教わったこと」の中から、心に響いたこ​とを抜粋したい。

【いかなる国の国民も、決してこのような苦難を経験すべきではあ​りません。しかし、仮に、このような不幸からより力強く、より大​きく立ち上がれる国があるとすれば、それは日本と日本国民であり​ます。私はそう確信しています。 byブータン国王ワンチュク陛​下】

ワンチュク国王は、海外渡航で一番最初に行きたい国は「日本」で​ある。といい、ブータンは日本をモデルとして国づくりをしてきた​ことを強調された。

そのブータン(人口70万人)が国連で認知され始めてる。
そのブータンからの心温まるメッセージに日本人である私たちは何​を思うか。

そして、ペマさんは言う。
【国民総幸福度を提唱するブータンがいま持っている価値観・・・​それは決して日本人にとって特別のものではなく、日本人が本来持​っていたもの、その延長線上にあるものだと思います。】

まさに、本質をついてる。

会場にいた日本国民、パネリストの何人がこのことに気づいていた​のだろうか。
新しいことは古きよきものから生まれるのである。

古き良きものからヒントを得て、今の時代に創造していくことの使​命を感じた1日だった。
[PR]
# by peacefulsports89 | 2012-05-27 16:15 | 日本人の誇り

出会いの意味


人との出逢いは「思い」から。

宇宙→地球→世界→日本→地方→県→市→町→村・・・自分。

始まりは「宇宙」である。

宇宙には、不思議な力があるような気がしてならない。

そこに「波動」があり、その「波動に同調」させたとき、出会いは​引き寄せられる。

 出逢う人は、自分の思いがつくっているだけなのである。

ということは・・・・

自分の思いが出発点であり、それは宇宙のエネルギーにつながって​いるということになる。

大いなるものとつながったとき、思いが現実化する。

出逢うか出逢わないかは、「思いの強さ」に関係している。

【今、自分は誰と出逢っているか?(人だけでなく、書物、事象も​)】

そこに本質がある。

 目の前のことを鏡として、自分を問いただしていきたい。
[PR]
# by peacefulsports89 | 2012-05-26 07:00 | 勇志の心

本物の教育者から学ぶ


金、土と職員研修で萩へ!!

「至誠」の魂に触れ、今を確認し、未来への思いが高まった。

 松陰先生は松下村塾をつくった目的として、

①誇りある人間を育てる
②誇りある日本人を育てる

とおっしゃった。

「日本人としての誇り」の種まきをしていきたい!
[PR]
# by peacefulsports89 | 2012-05-20 11:22 | 日本人の誇り